上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 友人の虚言に付き合った後、
僕は新居となるアパートの一室に移動した。
と言っても僕はまだ学生の身分なので大した場所ではなく
少々年季の入った1DKなのだけど。

 ダンボールの詰まれた部屋の中心に腰を降ろし、
ゆっくりとまだ染みのない壁紙や傷の無い床を眺める。
配送する際にダンボールの上部に内容物を書くという
引越しの基本をすっかり忘却していた僕、
正直どれから手をつけたものかわからず呆然とする。

 そうして意味も無く佇んでいて、
頭に湧き上がってくるのは昨日の光景。
圧倒的に不自然な、ローカルの中の日常風景。

 うてこさん、ね。

 ……センスねえなぁ、
誰だよそんな呼び方を最初にした奴。
つか何者だよ、いつもうつむいてるって
何を考え込んでるんだ、どれだけ思考に集中してんだ。

 見たところの年齢、
僕はあまり女友達に恵まれた方ではないので
女性の外見で年齢を察するのは苦手だし、
特に一定の年齢を超えた女性は自身の年齢を詐称しようと躍起になってるので
更に判別しがたいのだが、多分それでも僕より年下だろうと推察する。
小さかった、本当に小さかった。
まっすぐ並べば僕の胸辺りに頭頂が来るような身長、
よもや僕より年上ということは無かろう。

 がつ、と勢いよく寝転んだ際に後頭部を床にぶつけた。
万年床の癖で他人の家とかでよくやってしまう、
いの一番にだすべきは布団の類か。
疼痛を訴える頭を抱えつつ
なんとなく反骨精神で起き上がり何事も無いように
カーテンの一つも無い窓に向かい外を見渡す。

 別に、カーテンが無くて部屋が丸見えだから
もしかしたら今の僕の醜態を見ていた人が居たかも知れないと言う
危惧にかられた訳では決して無い。
ここ、一応二階だし、大丈夫だと思う。

「……」

 まるで、あーここが僕の新しく住む家、
新しい街かーとか爽やかに思ってる好青年のように
窓枠に手をかけて開いた窓から半身を乗り出して風を浴びていると
眼下に知った顔を見つけた。
知った顔、といってもその相手と知り合いという訳じゃない、
一方的に知ってるだけの相手。
そういう意味じゃまるでテレビの芸能人のような、そんな少女。

 うてこさん。
だっせぇ名前、とか失礼にも程がある感想を再度浮かべる。
まぁ実際本名は知らないし、
他に彼女を指す単語が全くないのでそのナンセンスな呼び方を
採用する以外僕に選択肢はないのだが。

 ……うてこさん。
彼女自身はそれを受け入れてるのだろうか?
周りが騒ぎ立てて居ても、
その中心の人間は案外気づいていなかったりする物だ。

 その辺、商店街の人気者とかとは違う。
よく漫画とかである苦学生で社交性のあるキャラとかが
商店街のおじさんとかとすげえ仲良しで
おまけしてもらいまくりみたいな描写あるけど。
俯いてテコテコしてる彼女にそのようなフランクさは無いように見受けられる。

 ふむ、友人の言っていた事を確かめる意味でも
彼女をそのひらがな三文字で構成された愛称で呼んで見ようか。

「は、はい? な、な、なんでしょうっ?」

 引越し当日のテンションなのかなんなのか、
僕は普段なら考えられない奇矯な勢いに流されて
初対面の女の子に二階から愛称で呼びかけるという行為にでた。

 そしてその結果は以上のような台詞。
思いつめたような面持ちで足元のアスファルトを見つつ歩いていた少女は
はっ! と顔を上げてキョロキョロした後に
上空から顔をだす僕に気がついて軽くテンパりながら返事をしてくれた。

 なるほど、一応自分がそう呼ばれてる事という認識はあるのか。
友人の言っていたこともあながち嘘じゃないらしい。
へぇ、あいつも真実を口にできるようになったのか、
成長したな僕の友人Aよ。

「え、えとなにか私にご用でしょうかっ?」

 っと、いけないいけない。
脳内で友人に仮初の賞賛を送っている所為で
わざわざ見知らぬ男に話しかけられたのに律儀に返してくれた
素敵なうてこさんへの対応を忘れてしまった。
まったくその場にいなくても迷惑な奴だな僕の友人Aは。

 僕は若干距離があるため少々大きな声で
返答してくれたうてこさんになんて答えるかしばし考える。
ん~、ぶっちゃけノリで声をかけたからなぁ……。
まぁ適当に趣味は? とか、良い天気だね? とかお見合いでよくある質問でもしてみるか。

「え? しゅ、趣味ですか? え、えっと趣味は……」

 悩まれた。
おかしい、この手の質問は当たり障り無い無難な辺りなのに
一発目の質問ですげえ悩まれた。
俯いてる、歩いてないで俯いてるからうさんだ。
ちょっとよくわからない、誰だそれは。

「わかりません……」

 しばらくした後、すまなそうにそう言われた。
僕が彼女を虐めたかの様な気分にさせられる。

 このままではいけないと僕は謝罪と
特に用があって声をかけた訳ではない旨を伝えて
適当に考え事頑張ってねと最後に添え、
お辞儀と共にまたうてこさんになる少女を見送った。

 僕が始めて詩上至町にやって来た時だ。
スクランブル交差点の真ん中辺りで
地面を見つめながらゆっくりと歩いてる少女が居た。
長い交差点の横断歩道、その半ばを超えた辺りを彼女は歩いて居たのだが
歩行者信号は既に赤になり自動車用の信号も青から黄色に変わっていた。

 当然、普通の人なら慌てて引き返すか走って渡り切るかのどちらかだろうけれど、
その少女は俯いている為にそれに気づかずてこてこと歩いていた。
僕は危ないなぁとか思ってじっとそれを遠くから見ていたのだが、
不思議なことに信号が完全に切り替わっても停まっていた車は一台も動かず
クラクションを鳴らして知らせたりもしなかった。

 ただただ少女はその時間が停まったかのような交差点を
一人でてこてこと俯いたまま渡り切るのを待って、
そして少女が歩道を歩き始めてから車は一斉に発進しだした。

「それはうてこさんだな」

 この事を長いこと詩上至町に住んでいる友人に話したら、
珍しい物をみたなあ、と笑いながらそう説明をしてくれた。

「いつもうつむいてテコテコ歩いてるから
 うつてこで、うってこになってうてこさん。
 やっぱり女の子の名前は二文字か三文字がしっくりくるよなぁ」

 僕は正直この時、友人が変態なのではないかと言う疑念を一番に抱いた。
普通に考えればしょっちゅう俯いて歩いて回ってるからと言って
そこまで広域に知れ渡って愛称までつけられるような事ではないだろう。
もしかしたら友人は彼女の事を付け回して、
自分の中でだけその名前で呼んでるのかもしれない。

「いやいや。でもお前も見たんだろ? 交差点の光景を、
 この街の人間はみんな知ってる存在で、みんなうてこさんって呼んでる」

 思ったことをそのまま素直に口にしたら友人はそういった。
そう、確かに見た。彼女が渡り切るまで全ての車が当たり前のように停止し続けていた
あの光景を。まるで救急車が通るときのように、平然と。

 しかも問題なのはそこではない。
先頭の、歩いている少女が見える車が停まるだけならまだわかるのだが、
その後続車も救急車みたいに   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
サイレンが聞こえる訳じゃないのに黙って待っていた。

 つまり、後続の車も先頭でなにが起こっているのか把握していた。
青になっても先頭が動かないという事態に対して慣れていた、という事になる。

「……なんだよその顔は、まだ信じられないって顔だな。
 なんなら他の連中に聞いてみろよ、うてこさんって知ってます? ってさ
 みんな同じように言うだろうよ」

 そう自信満々に言い放つ友人に軽く引いて見せながらも、
道行く知らぬ人々にうてこさんって知ってますか?
とか聞くのも憚られたので一応納得してみせる僕。

「どうした? うてこさんに一目惚れでもしたのか?」

 やっぱり僕の友人は変態かも知れない。

―――

 毎週木曜更新


 目が覚めると視界には見慣れた天井が目一杯広がっていた。
当然だ、目が覚めて知らない天井が広がっていたらおかしい。
拉致や記憶喪失か、それに類するなにかや順ずるなにかが起きている、
というかそもそも寝起きの頭で一々天井がどうこうとか意識しない。
僕が意識したのはだから正確に言うならば天井ではなく、
それよりも幾分高度を下げた空間に漂っている白い煙だ。

没作品02 実際にはUSBも没だから03でござるの巻 の続きで名前を変更しました
内容的には私は銃声と共にあるのスピンオフ
ただスピンオフしてるキャラがまだ本編にでてきてないという馬鹿状況
両方進めて行ったら楽しいかな見たいな感じで
 

カレンダー

 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。