スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は銃声と共にある その2

 広いだけで、使う人間などほんの数人という無駄な空間。
その入り口、正面の壁には一つのでかい黒板を中心に扇状に広がり
それぞれ後ろに行くと一段y軸が高くなる、一般的な大学の教室と
変わらぬ座席、その最後尾の一つに腰を降ろし
持っていたプラスチックの鞄を置いて中から筆記用具を取り出す。

 先日の衝撃で損壊した右腕。
包帯でぐるぐるに巻いてそれを固定した私に
しかしこの教室に存在する誰もが見向きなどしない。
この位の怪我は常に誰かがしているからだ。
この教室のたった数名の人間が、
誰一人なんの怪我もしてないという状況は
いまのところは、ない。
ありえる筈が、ないのだ。

 数多ある戦術学統合研究大学の中でも、
最高峰の"学力"を誇るここ。

 『座学五条』

 戸惑ってはいけない。
 動揺してはいけない。
 怠慢させてはいけない。
 努力せねばいけない。
 そして、学ばなくてはいけない。

 『実技五項』

 躊躇ってはならない。
 油断してはならない。
 生存させてはならない。
 武装せねばならない。
 そして、戦わなくてはならない。

 五つと五つ、併せて十の教えを学び、
教えの元に行動を為す。
それが、我が校"十教大学"
ここは、そもそもそういう場所なのだから。

―――
スポンサーサイト

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。