スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のVIP落ちるの早くないですか?


 スレを立てる度に『ハルヒ×けいおんのクロスの奴、続きはよ』って書き込む人が居てですね
確かそれって二年位前なんですよ書いたの
で、ずっと見てくれてるみたいだし、じゃあ書くかってスレ立てたんだけど
案の定マッハだったから

 やっぱり見直してたら赤面して
 最初から書き直していたのがいけなかったのか……

 昼休み。各々弁当を食べ終え食休みを兼ねて歓談をしているクラスメートを
まるでハイカラさんの様にそこのけそこのけと押しのけて、
涼宮は上記の例に漏れず一人自席にてぼんやりしていた俺の元に
高校生が出してはいけないレベルの威圧感を纏ってやってきた。

「なにって……。なんだよ?」

 机を強く叩き、唾を飛ばしながら俺に怒鳴る涼宮に
咄嗟に顔を手で覆いながら返答する。
と言っても、質問し返しただけでなんの答えも言っては居ないが。

「ほっほぅ、しらばっくれる気?」
「しらばっくれるもなにも、質問の意図がわからんと言っているんだ」
「ネタはあがってんのよ? さっきもその娘とお弁当食べてたでしょ?」

 肩を竦めて首を振り、そして俺の眼前に人差し指を付きつけてのしたり顔。
やれやれ、今度はなにに影響されたんだ? 動作がわざとらしすぎる。

「別に、とりたててどうって関係じゃない。いたって普通だ」

 涼宮に釣られた訳じゃないが、
自然、合わせるように眉間に指を当てて演技臭くため息を吐く。

「へぇ~? 普通の仲の男女ってお手製のお弁当を二人っきりで食べたりするものだったの?
 私は寡聞にして知らなかったわ」
「ぬぐっ……」

 こいつ、どこまで知ってるんだ……?
谷口あたりがうっかりポロッと口を滑らせたんじゃないだろうな?

「で? 実際どうなのよ? 言えないってことは弱みでも握ってんの?」
「お前は俺をなんだと思ってんだ!?」
「あんたがあ~んな可愛い娘と一緒にご飯なんてしてたらみんなそう思うわよ」
「……」

 ひどい言い草だ。
仮にも一から団を立ち上げて放課後の度に顔を合わしてる人間に向ける言葉じゃねぇ。

 辛辣というか、ただただ暴言毒舌に再度ため息を吐いて俯く。
まったくこいつは……と、呆れてる様な仕草を行いながら、
しかし考えているのはまったく別のことだった。

 それは正直に言うか否か。
俺が今涼宮が言っていた秋山澪と付き合っているという事を。
――却下。そんなもん考えるまでも無い。
常日頃から恋とは勘違いだのやれ幻想だのと口走っている奴だ、
確実に玉虫色の脳細胞からまろびでた謎理屈で持って面倒な事を起こす。

 俺は慣れているからまだいいが、
人見知りで比較的臆病な澪にまでその手が伸びたら困る。
話を聞いた感じ最初から疑ってた訳ではなく、
偶然一緒に居るシーンを見掛けたから詰問してるようだし。

 ここは事を荒げないほうがいい。

「まったく、言っちゃあ悪いが下種の勘繰りにも程があるぞ涼宮」
「あら、本当に言ってくれるわね」

 あまり長く黙っていると首根っこ掴まれて、
そのまま澪の所まで連れてかれかねん。
ので、結論がでたと同時に俺を見下ろしている涼宮に
『まるで見当違いな事を言われて少し怒ってる』という風に見えるよう強めに言葉を投げる。

「あいつが軽音部なのはお前も知ってるだろ」
「えぇ、まぁね」
「で、お前は文化祭の時に来年はSOS団でバンドをやると言ったな?」
「言ったわね」
「つまりそういう事だ。あいつにベースの弾き方を教わっているんだ」

 最初に答えを出すのではなく、
その前にいくつか確実の肯定的な返答が戻ってくるであろう質問をして、
本題の嘘の部分を自然に『そうだったのか』と飲み込ませるという本で見た知識を利用して
どうにか煙に巻こうと試みてみた。

「ふ~ん、なるほどねぇ」

 それは功を奏したのかどうか。
涼宮は顎に手を当てて二度三度頷いている。
よし……、そのまま納得して引き下がってくれ。

「それならそうとなんで私にも言わなかったのよ?
 どうせならみんなで練習したほうがいいじゃない?」
「それは、ほら、驚かせたかったんだよお前等を。
 たまにはいいとこ見せたいっていう気持ちが俺にもあったんだ」

 それっぽい理由に自分の少し情けない心情を足す事で真実味を増す技。
長門の本棚から拝借したトーク術が冴え渡る。


―――

 ここまでしか書けなかった
 つーかまだスレタイの澪でてねーぞ!!!!
 どういうこった!
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 雑記

Comment

No title

わざわざ最初から書き直して立ててくださったのにすいません……

すぐ落ちるのは……Twitterをちゃんと活用していたら今から立てるとかつぶやいて支援を求めたりとかできるんですがね……

Re: No title

> わざわざ最初から書き直して立ててくださったのにすいません……
>
> すぐ落ちるのは……Twitterをちゃんと活用していたら今から立てるとかつぶやいて支援を求めたりとかできるんですがね……


Twitterをちゃんと活用しないからだと怒られた気がした
ちょっと適当に見てくるか


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。