梓「あけましておめでとうございます」杏子「お年玉くれ」


俺「……」

梓「今年も、まぁ、よろしく?」

杏子「お年玉くれ」

俺「なんで文末に疑問符ついてんすか」

梓「今年もよろしくお願いします」

俺「あ、はい」

杏子「なぁー」

梓「……」

俺「……」

杏子「無視すんなよ」

俺「えっと、なに? 新年早々お年玉せびりに来たの?」

梓「いえ、別にそういうつもりでは」

杏子「へーい!」

俺「俺は自分から言うのを躊躇った上にもらっても遠慮がちな子より
  欲しいと素直に言って渡したら大げさなくらい喜んでくれるこの方が好きだよ」

梓「……お――杏子「私は最初から欲しいって言ってんだろおっさん!」

俺「おっ、おっさんじゃねーし! まだわけーし!」

杏子「二十も半ば過ぎればおっさんだろうが!」

俺「ふっざけんなよ! 半ばも何もまだ二十歳だよ! フレッシュだよ! プリキュアだよ!」

杏子「嘘ついてんじゃねー!」

俺「うるせー! お前に俺の苦しみがわかるか!?
  四つ上の女性に『お幾つですか?』って聞かれて『いくつに見えます?』って返したら
  『私より上なのは確実ですよね~』と言われた俺の苦しみが!」

杏子「あー……」

俺「……ちょ、その反応マジで傷つく」

梓「……」

俺「……」

杏子「そ、そういえばまだ挨拶してなかったな……。あ、あけおめ!」

俺「おせーよ……」

杏子「お、おう」

梓「どうしましょうかこの空気」

俺「ドーンッ!」

梓「」ビクッ
杏子「」ビクッ

俺「玄関先でさみーんだよ! とりあえず部屋入るか帰れ!」

梓「あ、じゃあお邪魔します」

杏子「お邪魔ー……雑煮とかねーの?」

俺「そんなもん作る時間はない」

梓「お疲れ様です」

俺「いえいえ」

杏子「で、お年玉」

俺「……あー、わかったわかった」

 財布からおもむろに二つポチ袋を取り出す俺

俺「はい」

杏子「……」

梓「……」

俺「おい、せっかくあげたんだから喜べよ」

梓「あ、どうもありがとうございます。大事に使います」

俺「うむ。……あんこは?」

杏子「……そんなにプリキュアが好きならプリキュアと遊んでればいいだろっ!」

俺「なに唐突にキレてんだよ? こえぇーな
  つーか、あいつらお前らと違ってあんまこねーし」

梓「あ、来るんですね」

俺「意外とニアミスしてるよ」

梓「へー」

俺「でもあいつら一回も謝ってないけどな」

梓「は? なにをですか?」カサカサ

俺「初対面のとき『夢見る乙女の~』と『花の力よ集まれ~』と『シの音の~』の三重奏で
  俺の家を半壊させたあのときの事を」

梓「あー……。あっ、こんなにいいんですか?」

俺「俺、小学生は五千円、中学生は一万円、高校生は一万五千円と決めてるんだ」

梓「ありがとうございます」

俺「いえいえ」

杏子「なに普通に受け取ってんだ梓!」

俺「だからなに怒ってんだよお前」

梓「そうですよ。先輩のことですからこれくらいは予想してないと」

杏子「お、おおぅ……、慣れてるな……」

梓「それなりにね。……で、話は戻るんですけど」

俺「あいつらね、本当ね、なんだろうね。
  あの所為で家ぶっ壊れるし光回線もぶった切られたんだよ?」

梓「大変でしたね」

杏子「ストップ!」

俺「あん?」

梓「はい?」

杏子「なんかい今の会話タイムパラドックスしてね?」

俺「……」

梓「……」

杏子「……」

俺「いや? してないよね?」

梓「はい、まったく」

杏子「あ、あれー?」

梓「で、そうなるとプリキュアの方にはお年玉どうするんですか?」

俺「あー、どうしようね? 一応包んであるけど」

 玄関が激しくノックされる音

梓「噂をすればですかね?」

俺「……普段は勝手に入ってくる癖に
  こういう時だけしっかりノックするあいつらが嫌いだ」

杏子「え、ノックしないといけねぇの?」

俺「……お前はノック以前に人が居ない間に入って
  勝手に飯食って帰ってこないうちに帰るよね。やってることマジ犯罪スレスレだからな?」

杏子「……ドンマイ!」

俺「くたばれ!」

 玄関が激しくノックされる音

梓「ちょっとでてきますね?」

俺「いいよ。もう少し放置しとけば勝手に入ってくるから」

梓「えぇー……」

 どたどたと複数人の足音が響く

「あけましておめでとうございまーす!」

俺「……よくきたな三人とも! お年玉をやろう!」

梓「え?」
杏子「え?」



 
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 雑記

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload