スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は根気が足(ら)ない


「あのハリセン、どこで手に入れたのだろう」と言う疑問を俺が持ったのは
夜空がいつものように恋愛シミュレーションの薀蓄を誰にも問われてないのに
浪々と披露し始めた星奈をハリセンで軽快にぶっ叩いた音と同時だった。

「黙れ肉。貴様は本当に学習機能がないようだな。
 何度そのくだらない低俗な話題を私の前でするなと言えば貴様はわかるんだ?
 学習せず、他人に不快感だけを届ける上に煮ても焼いても食えんとは、
 貴様はもはや肉ですらない、ただの害獣だな。とっとと失せろ害獣」
「流石にそれは良いすぎじゃない!? なによ害獣って!
 あんたってあたしに厳しすぎじゃない!?」

 相変わらずの毒舌を淡々と口にする夜空と、
それを受けて既に涙目になっている星奈。
俺はいつも過ぎる慣れきったやりとりを聞きながら、
ただただチンピラ教師が木刀でやるようにハリセンで肩を叩く夜空を眺める。

「あれ、手作りって訳じゃなさそうなんだよなぁ」

 しょっちゅう夜空に酷使され、人の(特に、というか主に星奈の)頭を
思いっきり叩かされているにも関わらずくたびれた様子がない辺り
結構ちゃんとした素材で作られた物だと思う。
けれど、夜空がわざわざ音は派手ながらもダメージはそこまででもない
インパクト重視の実は優しい武器を自腹で買うとは思えない。
星奈のためにそんなことをするくらいなら夜空は
広辞苑とかで素直にぶん殴っている。

「アレってなんのことですか小鷹先輩」

 どんどんヒートアップしている夜空と星奈を視界に入れて
考えに耽っていると、零れ出た言葉に反応して隣で読書していた理科が
顔を上げて聞いてきた。……その際閉じた本の表紙が一瞬見えたが
それに関してはノータッチで。

「あれは、ほらあれだよあれ」

 独り言に反応をされるという事に親しみの無い俺は
咄嗟に単語がでてこず、言葉の不自由な感じ全開で夜空を指差してみた。

「あぁ夜空先輩ですか。あの丁々発止と口からでる罵詈雑言は
 自分に向けられていないとわかってても興奮しますよね!」
「よし黙ってろ」

 理科はもうダメだ。
というか常にダメだ。気にしたら負けかなと思っている。
というか負けだ。こいつに話しかけられた時に無視できなかったら負けだ。

「無視されたらもっと興奮しますよ!」
「黙ってろマジで!」
「はふんっ!」
「だー! こいつ本当面倒くせーー!」
「理科は先輩を束縛なんかしません!
 むしろ束縛してください! そして無茶苦茶にしてください!」
「引っ込んでろ!」

 えーっと、なにを俺は考えていたんだっけか?
……そうだ、ハリセンについて考察を重ねていたんだ俺は。
けど、星奈と会った後に買った訳でもなく、
手作りでもないとなると前から持っていたって事になるのか?
……友達のともちゃん(本当安直なネーミングだ。
黒猫にクロ、白い犬にシロとつける人間のネーミングだ)しかいない夜空が?

 なんだろう、誰も居ない自室で一人で談笑(?)しながら
虚空にハリセンを振る夜空を思い浮かべたら涙がでてきた。

―――

 キャラ把握してないのに勢いでやったら
 全然頭の中で動かなかった
 
スポンサーサイト

Comment

ハリセンってテープで補強すると凶悪な威力になるよね


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。