スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真ん中三音目

「う」

 下校中、坂の途中で立ち尽くしている後輩を見つけた。
俺が忍び足で近づきその後頭部をポンと叩くと、
後輩は上のような呻きを上げて慌ててこちらを向いて構える。

「なんだその手は? 蟷螂拳か?」
「え、あ、先輩」

 不意に後頭部を叩いてきた不埒者が俺だと気づいて
目を開いて体勢を直し軽く頭をさげる後輩。

「なにを見てたんだ? 道端でボウッとしてると轢くぞ?」
「いや、そこは避けてくださいよ……」
「無理だ」

 嘆息をつき、その後付近の木に向き直る。

「くもの巣、見てたんです」
「くもの巣?」
「はい、今日の昼ごろ軽く雨が降ったじゃないですか」
「少しだけ天気雨が降ったな」
「それで、水玉がくもの巣について真珠のネックレスみたいで」

 丸く、規則正しく形作られたくもの居住スペース。
その節々の繋ぎ目にたまる大小様々な水滴が、日の光を反射してキラキラと光る。

「綺麗だな」
「へ!?」
「くもの巣が」
「あ、そ、そうですね……」
「……なに勘違いしてるんだ?」
「べ、べつにしてません!」
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 五十音

Comment

No title

相変わらずの死にたくなる様な青春描写だなぁww
好物だから死なないけどさww

余談だけど「こ」とかどう描写するのか楽しみだわ

タイトルなんかカッコイイなwww


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。