真ん中三音目

「う」

 下校中、坂の途中で立ち尽くしている後輩を見つけた。
俺が忍び足で近づきその後頭部をポンと叩くと、
後輩は上のような呻きを上げて慌ててこちらを向いて構える。

「なんだその手は? 蟷螂拳か?」
「え、あ、先輩」

 不意に後頭部を叩いてきた不埒者が俺だと気づいて
目を開いて体勢を直し軽く頭をさげる後輩。

「なにを見てたんだ? 道端でボウッとしてると轢くぞ?」
「いや、そこは避けてくださいよ……」
「無理だ」

 嘆息をつき、その後付近の木に向き直る。

「くもの巣、見てたんです」
「くもの巣?」
「はい、今日の昼ごろ軽く雨が降ったじゃないですか」
「少しだけ天気雨が降ったな」
「それで、水玉がくもの巣について真珠のネックレスみたいで」

 丸く、規則正しく形作られたくもの居住スペース。
その節々の繋ぎ目にたまる大小様々な水滴が、日の光を反射してキラキラと光る。

「綺麗だな」
「へ!?」
「くもの巣が」
「あ、そ、そうですね……」
「……なに勘違いしてるんだ?」
「べ、べつにしてません!」
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 五十音

Comment

No title

相変わらずの死にたくなる様な青春描写だなぁww
好物だから死なないけどさww

余談だけど「こ」とかどう描写するのか楽しみだわ

タイトルなんかカッコイイなwww


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload