スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚に真珠


 価値のわからない物に高価な物をあげたとしても無意味である。
見たいな意味合いの言葉で『豚に真珠』という諺があります、
これはもう適当に諺をあげてくださいとそこらの老若男女に言ってみた際の
でた回数上位に入ることはもう疑いようの無い事実ですが。

 しかし、この諺。
その意味からどうしてもあまり良い意味では使われませんよね、
他人に使えば罵倒、自身に使えば自嘲、と言った感じになってしまいがちです。

 ですがそれはつまり価値がわからない、豚にとって真珠は魅力的ではない、
そういった事実がよろしくない、という意味では無いと思うんです
むしろ馬鹿と鋏は使いよう、みたいな、そういった印象を覚えるのは自分だけでしょうか?

 価値がわかる。ということは、それに惹かれるという事です。
アレはこうだ、ソレはどうだ。自分の中で評価をつけてしまう要因です。

 逆に価値がわからない。ということはそれに興味がもたれることは無いという事です。
自分の中で評価をつけるとしたらわからない。そこから派生してのつまらないとかなるわけで。

 自分としてはどちらに物を預けたいかというと後者です。
前者は自身の中で評価を低いと下したものを粗雑に扱う可能性があり、
非常に高いと下したものは下手すればそのままドロンという可能性もあります。

 けれど豚は価値がわからないので全てを等価に扱うわけです。
安全性としてはともかく、安定性としてはこの上ないですよね。
敵を騙すにはまず味方からとかいいますけど、豚は知らないので騙す必要すらなく、
最も苦労する味方を欺く作業がカットできるので非常に楽でしょう。

 何も知らない人間のほうが、中途半端に知ってる人間よりも
有能というか有用なのは実際確かな話です。
企業とかでも、同種他社で働いてた人間よりもまっさらな新人の方がいいとかいいます。
比べる相手が居ないし、変な癖もついてないから教えやすいとか。
そういう意味でも価値を知らない、なにも知らない豚はやりやすいとか。

 まったくの私事ですが。
個人的には同じようになにも知らない動物でも、豚よりはマグロの方が好きです。
二重愛好者は実は自分だったりします。お粗末でした。 
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。