スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書いたものが物を言う


 口頭での約束は当てにはならない、
しっかりとした違える事の無い契約をしたいなら物を書け、それを保持し続けよ。
といった感じの諺で『書いたものが物を言う』というものがあります。
これは多分皆が皆知ってるという物ではないだろうと思いますし、
自分もあんまり知識として浸透してる物ではないのですが。

 しかしどうでしょう。
書いたものが物を言う、これは少し本来の意味から外れますが
物書きという立場を選択して進んでる自分のような人間には
少し考えさせられるような物があります。

 作者が語らずとも作品には作者の意思や意図や意向が含まれており、
作品を読み解くことで作者の本質が見える。
とかそういった事を小学校の頃にも国語でやった覚えがあります。
実際、創作上の登場人物に自身の考え、主張、趣向、そういった物を語らせると言うのは
非常によくあるように思います。
そして他の登場人物にそれに反する主張を言わせることで
一人ディベートのような考え方の整理を行ったり、
結構自分はそういった感じで自分の中のなにかを作品を書くと共に確立させています。

 察しの通り、自分と言う人間は特定の一人物に大きな影響を受けていますが、
しかしかといって他に影響を受けてる人物が居ないと言うわけでもないです。
その複数の影響を受けた人間の主張を作品内でぶつけて、
自分なりの新しい考察を作ったりとか、そういうの、好きです。
漠然としたイメージが形になっていく感覚。
曖昧模糊とした抽象的な何かが輪郭をはっきりとさせていく感触。

 好きです。いずれ来るだろう飽きができるだけ遠いことを願います。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。