スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる

 数をこなせばいつかは成功するという
なんというかがむしゃらな感じの『下手な鉄砲数打ちゃ当たる』という諺があります。
この諺もとても有名できっと小学生でも知らない人間は相当少ないだろう事は
もはや誰に問う必要もないだろうと思いますが。

 けどこの諺、自分は好きではありません。
だって、数打ちゃ当たるってのは
あくまでも打ってる側と獲物にのみ焦点を置いた言葉でしかないからです。

 二十発打って、最後の一発が偶然獲物を仕留めたからと言って
十九発が当たらずに一発しか当たらなかったとのたまうなら
ちゃんちゃらおかしいと自分は思います。

 なぜなら先んじて獲物を仕留め損ねた十九発も
獲物以外のなんらかの物体に当たっている筈ですから。
シューティングゲームの弾みたいに、画面外に行ったらそれで消えてなる
なんてことは当然ありはしません。

 一発は地面をこそぎ、
一発は大木を削り、
一発は葉を貫き、
一発はもしかしたら狙っていた獲物とは別の動物を仕留めてるかも知れません。
少なくとも虚空に消えることなどなく、その弾丸はなにかを傷つけています。

 けれどなぜか人間はそれらには目を向けず、
まるで世界に自分と獲物しか存在せずそれから外れた弾はなかったかのように振舞います。
明後日の方向に飛んだ弾が通りすがりの人間のこめかみを貫通したかも知れないのに、
そういった可能性には目もくれません。
そして当たった側の人間は運が悪かったの一言で済まされてしまいます。
確かに運は悪かった。それは事実でしょう。
けれど、銃を持つものならそういった所に責任を持って欲しいと思います。



 まったく関係ありませんが、
真上に打ってなににもぶつからずそして自分の下に戻ってきた弾丸が欲しいとか思います。
手元にあるのは空砲かひしゃげた弾ばかりなんで、
薬莢から離れた弾丸ってのが少し欲しいです。

 まぁ地球が回っている以上真上に打っても自分の下に戻っては来ませんけどね。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。