スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁の下の力持ち

 見えないところで他の誰かを支え続ける
一番の働き者という意味の『縁の下の力持ち』という諺があります。
これもまた非常にメジャーで日常会話でしばしばでてくる程の人気者であることは
もう一々調査するまでもないだろうと思います。

 でも、縁の下の力持ちって
よく家を下で支えてるでっかい石とかが例えられますが、
そもそもじゃあその石が地面にまた支えられているという
こともまた事実な訳です。
でも、人間って地面っていう最も重要な真実の縁の下の力持ちには
ほとんどって言っていいほど目を向けませんよね。

 人間関係でも、たまに「彼は縁の下の力持ちだよね」とか
「君は縁の下の力持ちタイプだから」とかでたりしたりするかも知れませんが。
間違いなくその『彼』や『君』は真実の縁の下の力持ちではありません。
なぜなら周りにそう認識されてますから。
完全に縁の下からひょっこり顔を出してますから。
ほんとうの縁の下の力持ちは主張しませんし、
誰も目を向けません。
本当、人間は支えあってなんか居ませんよね、
支えてる人と支えられてる人がしっかりしてます。

 まぁ、支えあうよりかはむしろバランスがいいんじゃないかと自分は思いますけどね。
支えあってる二人の人間が同時に体勢を崩したらどうするんだって話じゃないですか、
二人そろって倒れるか、片方が手を離して生き残るかでしょう?
なら役割分担したほうが安定してると私は思います。
といっても支えるほうにしてみれば溜まったもんじゃないですけどね。
本当に疲れたら、支えてる人間を捨てちゃえばいいんじゃないですか?
ずっと支えられてる人間にはどうこういう権利はありませんし、
支えあってる時よりいざこざも起き難い気がします。

 と、話が脱線してます。
えぇと縁の下の力持ち。
結局地面というのは規模が大きすぎるというか、
目に入らないんでしょうね、近すぎて。
距離を置いてみて初めてわかるっていうのは当然のこと。
背負われてばかりいれば見えるのは相手の顔とかその辺りだけ、
脚がどれほど傷付いているかは背負われてる側には見えません。
見えるのは、背中から降りて少し離れたときだけ。

 なら地球を離れて全貌を見てみようと思ったところで
とりあえず大気圏突破しないとわかりませんしね。
というか、球体は全貌を一見できるはずがありませんか、そうでした。
地球はどんなにがんばっても球である限り労わられることはなさそうです。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。