空から降ってきた全長百メートルの柱。
灰色で中程に黒と黄色の斜線がグルッと描かれていて、
上のほうには丸いドラムの様な物が二つくっついている。

 それは、そのフォルムと。
落ちて半壊した街が復興する際の住民のありかたから
『伝心柱』と呼ばれるようになった。

 『伝心柱』が落ちてきて四年。
すっかりとシンボルになったこの街で、小さな事件が起こる。
僕ら意外誰も知らない、なかった事件が起こった。

 ―――デンシンバシラ アフタースクール
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 雑記
 

カレンダー

 
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload