上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 雨、個人的に好き。
過去に小説の中でちょくちょく表現として用いたこともあるけれど
周りに人がどんなにいても、
傘の外側にふる多量の雨がカーテンのように
他人の声や足音や存在をかき消してくれる様で、好き。
深夜でも早朝でもないのに、
自分だけの空間が傘の下でだけ隔絶されたように存在してて、
…なんだかほんわかします。

 雨音のおかげでそのほかのノイズが消えて。
自分ひとり、雨音を聞きながら読書したり執筆したりしてると
非常に心が安らぐ、そんなマイフェイヴァリット雨。

 で、それが今月はどうかなーとか思うと
比較的多いような気がするんだけれど。
それでも前述のような心地いい土砂降りじゃなくて小雨霧雨枝垂雨、
なんだか微妙な降り具合で傘を携帯するべきかどうか悩む程度だったり。
昨日はざんざん降りだったのに今日は快晴だし、めりはりが良いのか悪いのか判断し辛い感じで。

 ま、そういうのも嫌いじゃないんですけど。
暑いのはやっぱり嫌い、
寒いのは重ね着でもなんでもどうにかなるけど、暑いのは全裸になっても暑い
そんな最近です
スポンサーサイト
 

カレンダー

 
06 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。