上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 そういえばお金ないくせにストライクウィッチーズの映画は見てきました
 31日と7日に、画集が欲しくて海老名まで

 ちゃんともらったから写真でも載せようかと思ってたんだけど
 携帯がちょっと擬人化してお散歩にでやがったのでアップできますん
 残念。

 まぁ、それはともかく
 その所為でロウソクを眺めながらの夜に妄想する脳内話の大半がストパンで構成されてまして、
 近々その溜まった妄想を吐き出すべくスレでも立てようかと思ってますん

 基本芳佳ちゃん×501で

 
 というか、トゥルーデお姉ちゃんと芳佳のこう……妄想が、すげぇ……ね?
 珍しくネタ帳引っ張り出して一心不乱にボールペンを走らせた
 赤いボールペンで

 仕事中そんなことばっか考えてます
 馬鹿か
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 私生活
今日バイト終わった後友人と遊んでて
ちょっとあちこちぶらぶらしてた訳で

したらトイザらスのさ、あるじゃない、
そういう子供向けのちょっとしたコーナー。
そこでさプリキュアのカードガチャがあった訳ですよ。
で、友人と二人でやろうって事になって、
丁度同じのが二つあったから二人で同時にやった訳。

友人はまぁ普通にカードでて、手にとるんだ。

俺の、詰まってでてこない訳。
いくら回しても出てこない。
逆に回してもでてこない。

まぁ店員さん呼ぶよね。
で、「どちらの筐体が詰まったのですかー?」
って聞かれて「あ、プリキュアの奴。なんか詰まっちゃってさー」

普通にフランクに、ノリでやった馬鹿ガキっぽく対応した訳。
で、その場は終了。
一番したのカード受け取って、店員さん帰ったんだけどさ。

そこは流石俺。一度の失敗じゃあへこたれない。
一度調整したなら、もう詰まらないだろうと再度調整。
キュアサンシャインがでるまでやるぞと。

で、先刻言ったように二つある筐体両方にお金を入れて
同時にがちゃがちゃした訳ですよ。


両方とも詰まったね。
さっき直してもらった方も、
友人が何事もなくカードを入手した方も、
両方詰まりやがりましたね。

本当、なにそれこわいだよ。

絶対呪いだろこれ。


でも、放置できないじゃない。
どっちかがキュアサンシャインかもしれないんだよ?


また店員さん呼ぶ羽目になるよね。

「あの~! なんかこれやけに詰まるんだけど~!」

つって、再度店員コール。
また中身開けて貰って、カードを受け取って。
その間、友人はずっと「え? お前プリキュアとかやってんの? ないわwww」とか
「対象年齢過ぎすぎてるだよwww」とか言いたい放題言ってた。
マジ厄介。この喪男板住人。氏ね。

ホント、ネタになるからまだいいけど。
どんな羞恥プレイだよ。
  • このエントリーのカテゴリ : 私生活

 を、四巻まで読んで思ったこと

 『あれ? 俺って普通にリア充じゃないか』

 ということと『幸村可愛い』という事の二つ

 最近好きになるキャラの男の娘率が高くなっている気がする




 あ、更新はありませんよ
 俺って放置プレイとか好きなので
 路上で全裸放置とか素敵
  • このエントリーのカテゴリ : 私生活
 
 01.

 私は、ここにいる。

 02.

 生まれたときから、決まっていた。――らしい。
僕の知りうる範囲の事柄では、当然無いから
それはどうやったところで伝聞の域を超えないのだけれど、
しかしどうやら、僕等がこうして、ここで、こうやっていること、
その全てが、生前から、決まっていたらしい。
僕等の母が幼少の頃から、僕等の父が幼少の頃から、
僕等の存在など影も形もありはしないそんな過去から、
僕らはとある力によって定められていたらしい。
 運命の子、と。
 予知能力。プレコグニション。
遥か未来を見通して、予め知ることのできる能力。
それによって、僕等の一生は固化され固定され固持された。
戦い、戦い、戦い、そして戦う一生を義務付けられた。
そして現に、僕等は一抹の疑問も一部の疑心も一瞬の疑惑も持たずに、
完膚なきまでにこれまでの人生を
戦って、戦って、戦って、そして戦って過ごしてきた。
そこに自分の意思はなく、自己の意図はなく、自身の意向は無い。
大人達の都合のいいように、僕等は剣を構え、振り上げ、
そして幾度となく振り下ろしてきた。
黒葉、と呼ばれる、人外の獣を、化け物を、化獣を、
殺して、殺して、殺して、そして殺してきた。
大人達は、どうして彼等を殺さなくてはならないのか、
僕等に教えてはくれなかったし、僕等も特に教えてもらおうとは思わなかった。
ただ、力の無い、無能力者足る大人たちを、
力の有る、異能力者である僕等が保護するのを、当たり前だと、
そう信じていた。……いや、違うな、信じるも何も、だから僕等は
それを呼吸と同じ、無意識の領域で、平然と甘受していたのだ。
洗脳、とすら言える、深い、深い、不快、思考操作。
そう、調教。今なら、はっきりと理解し把握し認識できる。
あれはただの傲慢な搾取でしかなかったのだと。
だからこれは、下克上で、そして戦争だ。
散々使い倒された僕等がやっと気づき、行ったクーデターの話だ。
どうしようもなく、薄くて弱い自我しか持たない僕等のせめてもの反抗の物語だ。
力無い大人よ、数でしか勝れない無能力者達よ、
その瞳にしかと焼き付けろ、、
道具以下の使い捨てのガラクタと扱って来た僕等の手で滅びろ。
それは自分達の業の成れの果てだ、
僕等が守らなければ二日と持たぬ命、僕等が支えた命、
僕等の手で一つ残らず散らせて見せよう。



 03.

 千九百九十一年、五月二十八日。
それが僕の生まれた日だ。
そして僕が死んだ日でもある。
僕は生まれながらに死んでいた。
人としての尊厳を、存在を、意味を、意義を、
ヒトとしての全てを生まれた瞬間に奪われた。
名も無く、ただ力だけを求められた僕は、決して人間ではない。
僕は、ガラクタだった。


――――

 新テク、タイトルと内容でまったく別の温度の話題をする。
っつーか、この内容は話題じゃねぇなー
  • このエントリーのカテゴリ : 私生活



ミスド大量に貰った
D-POPがやべぇ
  • このエントリーのカテゴリ : 私生活
 

カレンダー

 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

アナログ時計(黒)

 
 

呟き

 

7shiicilou < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。